• 初めての方へ
  • 当院の施術
  • 認知症トレーニング
  • うつ病改善
  • よくある質問
  • 患者さんの声

外気功

外気功

まず、気功といっても本場中国気功も流派は2000とも3000ともいわれ、様々な特徴をもっています。
大きく分けて分類すると武道気功と医療気功にわかれ、よくテレビなど取り上げられるのは、人が倒れたり、殴っても痛くないなどの武道気功です。
医療気功にはパフォーマンスは必要なく地味な存在です。また、自分で行う功法を内気功、気功師が他人に氣を送ることを外気功といいます。

当院の気功は医療気功であり、外気功です。
人体からは微量のエネルギーが放出され、赤外線とか、電磁的なものであるなど、色々いわれていますが、よく分かっていません。
人体を小宇宙と例えたりしますが、私もそう考えており、宇宙に存在するエネルギーはすべて微量ではあっても放射できると思っています。
また、気功師が氣を出している時、脳波にアルファー波がたくさん出ていると言われています。そして、気を受けている人も共鳴したかのようにアルファー波が増えると言われています。この共鳴と微量ではあっても放射されるエネルギーが気功の効用を生むと考えています。
同じ人間同士、わずかなエネルギーでも共鳴すると、音叉が叩かなくても鳴り出すように、体内のエネルギーが活性化すると思っています。
完予約制
04-7121-1251
メールでのお問い合わせはこちら
スマ-トフォンサイトを表示する