• 初めての方へ
  • 当院の施術
  • 認知症トレーニング
  • うつ病改善
  • よくある質問
  • 患者さんの声

木のローラー気功

木のローラー気功

樹林気功という気功の練習があります。
立ち木に氣を送ったり、樹木の氣を吸い込んだり、あるいは幹から根に氣を廻し、自分の足からまた吸い込んで手から木に廻す。あるいは逆回転させるなどをします。その中で木の種類によって受ける氣の感じ(氣感)は木の種類によって異なります。
こうした中で、私の氣に合う、癒し効果の高い木をもとめて、さまざまな木のローラーを試してみました。
体をローリングすることで、木の波調が転写されるからです。こうして、オリジナルの木のローラー3本が誕生しました。施術の際に症状に合わせて使用いたします。

神代ケヤキローラー

木が土中に埋もれ、本来なら腐って、消滅してしまうものが、奇跡的に1000年以上たっても残り、発掘されたものを神代木(じんだいぼく)と呼んで木材を扱う人は貴重にしています。
これは、2400年前のケヤキで、飛騨高山の工房でつくってもらいました。これは、私が持つだけで私の氣が流れ、ローリングするとこの木の波調と私の氣が相手に注入されていきます。体に活力が湧いてくるローラーです。

神代ナラの木ローラー

3000年前のナラの木を使いました。
これも私の氣と一体となり、頭を専用にローリングします。体験された方は、初めて味わう不思議な気持ち良さと言われます。
ストレスや気のめいったときなど不思議なリラックス感を感じます。

槐(エンジュ)のローラー

古来より魔よけの木と言われています。
納得できるところもあり、この波動を転写します。
一般的に、このローリングは爽快な感じ、サッパリとした爽快感、スッキリとした開放感が得られます。
完予約制
04-7121-1251
メールでのお問い合わせはこちら
スマ-トフォンサイトを表示する